OB/OG


OJT開始から3か月が経過して



投稿日
投稿者 dk.takafuji

 

初めまして。『美味しいものを食べてる時が一番幸せ』、情報学部出身の新入社員tkfjです。

 

新人教育が終わり、OJTが始まってから3ヵ月が経ちました。

同期17人で受けた新人教育でしたので、配属が決まり、それぞれが別の部門に配属されたこともあり同期となかなか会う機会がなく寂しいです…。

 

そんな話はさておき。

今回は、OJTが始まって3か月経った今、どんなことをしているか紹介していこうと思います。

 

配属について

 

私は第3ソリューション事業部第1システム部に配属されました。7月から証券会社のシステム開発に携わっています。

私が作業する場所は、コムコの社員や協力会社の方々を含め、20名もの体制で保守・開発・運用を行っています。

若い方も多く、馴染みやすい環境かなと思っています。

 

また作業場所周辺は美味しそうな食べ物屋さん(少しお高いですが笑)が多く、街並みも綺麗なので、最近はお昼休みに散歩するようになりました。

 

配属から3ヵ月経って

 

私が普段職場でどんなことをしているかの前に、私が配属から3ヵ月経って感じたことについて書かせてもらいます。

 

この3ヵ月間、時間の流れがとっっっても早かったです。

毎日覚えることが沢山あり、それに食らいつくのに必死でした。笑

わからないことも沢山あり、失敗をしてしまったこともありました…。

 

しかし、一生懸命に分からないことを調べて聞いて覚えたことで、仕事に対しての知識は深まっていき、配属当初は全く分からなかった開発チームとお客さまの会話も、今では理解できるようになり楽しいです。

新人教育では主にプログラミングについて学んでいましたが、物事を学ぶ姿勢を整えておくことも大事だと実感しました…。

 

現在行っているOJTについて

 

OJTといってもやり方は様々あると思いますが、私は案件・業務を通じてOJTを行っています。

 

・議事録作成

OJTとして初めに行ったのは、お客様との定例会の内容をまとめる議事録の作成でした。

人に物事を伝えるのが苦手な私にとって、議事録の作成はなかなか手ごわかったです。笑

OJTパートナーやPL(プロジェクトリーダー)に添削していただきながら作成していましたが、初めは定例会の内容で必要だったことを文章に起こすことができず、苦戦していました。

 

しかし、数をこなしていけばいくほど、文章をまとめる力と、聞きながらメモを取る力が身に付き、今では議事録を一人で書き上げられるほどになってきました。

 

・成果物資料作成

次に行ったのは、結合テストのシナリオ作成でした。

新人教育のプロジェクト演習の時とは比にならないほど確認する項目が多く、作成するのにかなりの時間を要しました。

そのためか、作成し終えた時の達成感はとても気持ちがいいものでした。

 

他には、一つの案件でも提出が多数必要となる資料等も作成しました。

見たことのない資料でも、その資料の内容を理解し書きあげるスピードを上げることができました。

 

・軽微な修正依頼

9月に入って、ソースの修正など軽微な案件を担当しました。

新人教育で習ってきたjspの修正だったため、教育の時を思い出しつつ、リリース作業の流れを覚える良い機会でした。

 

問題なく案件を終えることができた時はホッとしましたね…。

しかし、リリース作業に関してはまだまだ覚えきれていない点が多いため、今後リリース作業を行っていく際に更に理解を深めていきたいと思います。

 

最後に

 

こんな感じでOJTを行っています。

 

OJTを開始してからの3ヵ月で一番嬉しかったことは、仕事をこなして実力がついてくることを実感できたことです。

私自身、開発に関しての知識や文書作成能力が乏しく、作業に就いた頃は不安でしたが、沢山仕事をこなしていくうちに実力と自信をつけていくことができ、今の仕事へのモチベーションに繋がっています。

 

これからもOJTパートナーやPLに教えていただきながら、日々の成長を止めないよう頑張っていきたいと思います!

 

以上、ご覧いただきありがとうございました!



こんな社員がいる会社であなたも働きませんか?
マイナビ会社説明会2020 マイナビインターンシップ2021


タグ: , , ,