OB/OG


新入社員が一年目のお仕事をご紹介します



投稿日
投稿者 M.U

はじめまして。2021年度入社のMUです。
私は文系大学出身です。プログラミングは大学で半期学んだことがありますが、理系大学出身の人と比べると、分からないことが多く、仕事についていけるか不安がありました。
しかし、その不安は徐々に消えていきました。一年目は教育やOJTが実施され、疑問点をすぐに解消できる環境だったからです。

 

今回は、私が実際にどのように過ごしてきたのか、一年目はどのような働き方をしているのか、私の視点でお話ししたいと思います。
※ 配属先によって働き方(案件に関わるタイミング等)は異なります。

 

 

【 配属まで(新人教育) 】

新人教育は三か月弱行われました。
内容は以下の通りです。

 

・情報処理基礎

・データベース

・プログラミング言語(Java)

・WEBアプリケーションの作成(グループ演習)

・マナー研修(名刺の渡し方、電話応対)

・その他(会社について) 等々…

 

新人教育ではグループ演習が最も印象に残っています。グループ演習終盤にグループで作ったプログラムを先輩方の前で発表する、成果発表会があります。発表という大きな目標があったため、不具合を起こさないようにメンバーと必死になって取り組みました。プログラム作成中は次々と発生するエラーに悩まされました。しかし、エラーが出ていない個所と見比べる、問題個所を一旦消す、別の書き方に直すなど、様々なパターンを試すことで一つ一つエラーを解消していくことができました。

 

試行錯誤を繰り返して学んだ内容ですが、配属先によっては扱う言語が異なります。ですが、配属後に現場で使用する言語や、業務に関する知識等については心配ありません。その理由は後程お話しします。

 

 

【 配属 】

新人教育が終了した6月末、第2ソリューション事業部 第1システム部に配属となりました。
私が参画したプロジェクトでは、「保健福祉サービスを管理するシステム」の保守を行っています。

 

勤務場所は湯島本社です。現在は在宅が中心で、週1回本社に出社しています。在宅勤務では、パソコンに向かって一人で仕事を行いますが、チャットやWeb会議を利用して先輩方に相談することが可能です。基本的に何時間も待つことはなく、すぐに対応していただけるため、不自由なく在宅勤務を行なっています。但し、会議中の場合など先輩方が手を離せない場合は、別の作業(復習などが良いと思います)を行いながら返信を待つ、といったように臨機応変な行動が必要です!

 

現在私は、案件に携わるための勉強中です。

OJT(On the Job Training)で、パートナーさん(新人のフォローを行ってくださる先輩)から課題が渡されます。先ほど心配ありませんとお話しした理由は、このOJTがあるからです。OJTの課題で、現場で使用する言語や業務に関する知識を徐々に学ぶことができます。

 

 

【 OJT 】

配属から現在まで、

以下を目的とした課題を行ってきました。

 

・保健福祉サービスについての理解

・システムとして行っている内容の理解

 (業務の流れを理解)

・プロジェクトで使用する言語の勉強

 (SQLなど)

 

実践的なスキルや知識は、課題を通して培っています。
例えば「総合テスト」と呼ばれる作業があります。これは、業務に沿って予定通りの機能ができているか検証を行う作業です。OJTの課題では実際に行っている業務を知るために(本番の環境とは違いますが)本番と同じ流れで「総合テスト」を行いました。また、実行した際にエラーが起きてしまうことがありました。しかし、先輩方に相談したところ、なぜエラーが起きたのかを分かりやすく説明してくださいました。その結果、エラーの原因と対処方法を学ぶことが出来ました。

 

このように問題点や疑問点は相談に乗ってもらえるだけでなく業務知識につながっています。

 

また、業務知識だけでなく社会人として学ぶことも多々あります。

 

特に、分かりやすく伝えることの大切さを学びました。
質問の仕方一つでも、何を尋ねたいのか、何ができて、何ができないのかを相手に伝える必要があります。資料作りの際も、相手に分かりやすく書くことに苦戦しました。見直してみると、最初の頃の資料は本当に読みにくい…ですが、何度も修正を重ねたことでコツを掴むことができました。

 

課題には何度も躓き、そのたびにパートナーさんやプロジェクトの方々に助けていただきました。見限ることなく対応してくださって感謝でいっぱいです。

 

OJTはまだ半分が過ぎたばかりですが、今後はプロジェクトの案件に携わりながら勉強していくことになりました。気を引き締めて頑張りたいと思います。

 

 

【 プロジェクトの雰囲気 】

最後にプロジェクトの雰囲気をお話ししたいと思います。

 

・明るい!
明るく挨拶を返してくださいます。また、笑顔で対応してくださるので、人事考課のための面談などでは変に硬くならず話すことが出来ています。

 

・疑問点・問題点を持ち越さない
進捗報告を行うため、自分が疑問を持っている箇所を再確認できます。OJTの期間は特に進捗状況を気にかけてくださいます。このブログも進捗どう?と声をかけていただいたおかげで完成させることができました(笑)

 

・人見知りでもすぐに慣れることが可能
進捗報告の際に近況など、ちょっとした雑談を振ってくださるので打ち解けやすかったです。

 

・集中してできる静かな環境
常に雑談をし続けているわけではありません。静かに作業を行っています。
デスクも広いので周りが気になって集中できないということもなく、自分の作業に専念することができます。

 

・新人でも休暇をとれる
忙しい時期は調整が必要ですが、休暇を取ることに対して嫌な顔をされることはありません。

 

本社の屋上から見えるスカイツリー

↑ 本社の屋上からはスカイツリーが見えます。

 

 

以上です。

少しでも、入社後のイメージを膨らませることが出来ましたら幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 



こんな社員がいる会社であなたも働きませんか?
マイナビ会社説明会2023


タグ: , ,