Life


北海道ツーリング2



投稿日
投稿者 dk.kurita

北海道ツーリング1の続きです。

1のルート:苫小牧→帯広→釧路→根室→摩周

☆17日早朝

夜中から雨が降り、朝5時の気温は15度を下回りました。寒いので抹茶ラテを飲んでます。

この日はそこそこ降っていましたが、昼前には止むとの予報と、勘を信じて知床へ向かいました。

 

ところで知床といえばヒグマがよく出る地域です。以前私も林道を走行中に1度見かけました。

基本的に熊は臆病なので滅多に襲ってこないそうです。ですがもし襲われた場合、私は熊とプロレスできる腕力を持っていないので、一瞬でノックアウトです。

なので今回は↓の秘密兵器を準備しました。

この熊スプレーにかかれば、たとえ熊とてタダでは済まないでしょう。

そもそも会わないことを祈りますが…

 

☆いざ知床へ

いったん中標津で朝風呂に入り、1時間ほど北に向かい知床の羅臼町に到着。

雨はやんできましたが、代わりに霧が濃くなってしまいました。

迂回も考えましたが、ダメ元で知床峠を進むことにしました。

 

予想通りですが、知床峠展望台からは北方領土どころか5メートル先も見えません(泣)

しかし斜里の方は晴れてるという話を聞いたので、このまま峠を進んでみることに。

 

本当に晴れてました・・・この時は素直に感動しました。

ちなみに後ろを見るとさっきまで走ってた山に雲がべったりくっついてました。

 

休憩がてら知床自然センターに立ち寄りました。本物のヒグマの毛皮が展示されています。

触った感じはすごくざらざらしていて、毛が1本1本硬かったです。

 

知床のゴジラ岩。確かにゴジラに見えます。大きさは18メートルで実寸大とまではいきませんが、

間近でみるとすごい迫力です。これが自然の力でできた奇岩というのがまた不思議な話です。

 

だいぶ晴れてむしろ暑くなってきました。景色もどんどん北海道らしい良い景色になっていきます。

 

永遠の直線に見えると噂の天に続く道。実際の直線距離は18kmだそうですが、とてもそうは見えません。この場所は結構混むらしいのですが、たまたま人がいなかったので貸し切り状態でした。

実にラッキーです。

 

通りかかった神社から、斜里岳がきれいに顔を出してるのが見えました。

この山は別名斜里富士と呼ばれている大きな山で、日本百名山の一つです。

 

穴場スポットの清里宇宙展望台。

私も知人から聞くまでは知りませんでしたが、行って正解でした。

山やら海やらなんでもここから見渡せます。

 

☆摩周へ転進

斜里から摩周に戻る途中、アトサヌプリで休憩。

ここは硫黄の結晶と噴気孔が間近で見られるちょっと変わった場所です。

ある程度までしか近づけませんが、それでも迫力は十分です。

 

キャンプ場に戻る前に摩周湖に立ち寄りましたが・・・霧に包まれておりました(泣)

ここは観光バスも来るので、結構な人でごった返してました。

 

☆キャンプ地へ帰還

晩飯はカレーです。どうやってもおいしくできるお手軽料理です。2泊して粘りましたが、

残念ながらこの日も夜は雲がかかってしまい、恐ろしいほどの星を見ることができませんでした。

人生の宿題とします(笑)

 

17日はこんな感じでした。

またそのうち書かせていただきます。

 

過去の旅行記シリーズもご覧ください
ぶらり旅【1日目】
ぶらり旅【2日目】
ぶらり旅【3日目】



こんな社員がいる会社であなたも働きませんか?
マイナビ会社説明会2020 マイナビインターンシップ2021


タグ: , , , , ,