Life


イクメンが消える日



投稿日
投稿者 kz_wata

 

今年の2月から2児のパパになったkz_wata(40歳)です。
私は2人目の子供が生まれた時期に1か月の育児休暇(以下育休)を取りました。
男性の育休はまだ珍しいようで周りからは結構驚かれます。
「うちの業界じゃ無理だなー」とか言われてますが、
これからは男性の育休もスタンダードになると思っています。

 

三菱UFJ銀行は男性の育休を1か月とることを”義務化”してます。

⇒ 三菱UFJ銀、空気を読んだ育休“義務化”の行方
(出展:日経ビジネス電子版)

 

男性が育休をとるメリットは

 

・育児の現場に1か月いることで奥さんの不満などが理解できる。
「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ」ってやつです。
育児を一緒にやってると朝が大変なことやなんやらいろんなことが見えてきます。
奥さんへの理解度が高まるのでは。

 

・子供が懐いてくる
育児に参加すると子供が懐いてくれて、それで育児がまた楽しくなるという良循環が発生します。
育児はやらないと子供が懐かないし、逆にやればやるほどそれ以上のリターンが返ってくると思ってます。

 

・生まれて1か月は奥さんが大変
私の場合、育休を1か月とりましたが、生まれてすぐは生活も変わって夜泣きもするしとにかく出産前の「これからどうなってしまうんだろう?」という奥さんの不安も大きいです。
でも出産後1か月は旦那さんがいるというのは精神的にもかなり大きいのではないでしょうか。
あくまでうちのケースですが、1か月の育休は期間としてはちょうどよかったと思います。
半年だとちょっと長い、という印象です。

 

イクメンという言葉が登場して早??年ですが、もうちょっとしたら男性の育児もスタンダードになり「イクメン」なんて言葉がなくなるんじゃないかな、と思います。
コムコの入社を考えてる方に「育児にやさしい会社である」と自信をもってオススメしますよ。

 

↑下手くそですが長男の弁当なんかも作ってみました(保育園ですごく褒められる)

では・・・

 

 



こんな社員がいる会社であなたも働きませんか?
マイナビ会社説明会2020 マイナビインターンシップ2021


タグ: ,