Life


【コムコ保養所】伊豆熱川 海を彩るアイドルたち


マイナビ会社説明会2020 マイナビインターンシップ2021

投稿日
投稿者 shi_arai

 

熱川の保養所を利用してスキューバダイビングをしてきました。
サービスは八幡野港にある「海好き」さんを利用しました。

コンディションはこんな感じです。
 天気 曇り時々雨
 気温 12℃
 水温 16℃

 

ダイビングのスーツでよく利用するのは大きく2種類、
ドライスーツウェットスーツです。
ウェットスーツはスーツ内に水を留めることで保温します。
ドライスーツはスーツ内に浸水させず、空気で保温します。
今回はドライスーツを使用しています。
ドライスーツはこんな感じです。

 

海の中では会話ができませんので、身振りで合図します。これは潜行しますの合図です。

 

コンパスを自宅に合わせて夜の街をナイトダイビング。

 

実際に海に入るにはエアタンクが必要です。
ちゃんとセッティングしないと海中での呼吸は出来ません。

 

視界は6~10m。春は時間帯によって透明度は変わるようです。
酷いと2m先も見えない味噌汁の中のような状態もあります。

 

孵化のシーズンでいろんな稚魚がみれます。
ネコザメの赤ちゃんです。

 

ダイバーにとってのアイドルといえばカクレクマノミではなくこのカエルカンコウダンゴウオ!
岩にへばりついてじぃーっと動かない。

どこにスター性があるのか疑問だが、ダイバー達に大人気!
1cmにも満たない彼らを撮るためにレンズをグレードアップしていきます。

 

今回撮影出来た海を彩るアイドル達です。

体はシマシマ、尾びれは水玉タカノハダイ

触るといい感じに痺れます。シビレエイ

蛍光カラーが目に付くキンチャクダイ

 

もちろんカクレクマノミも人気がありますよ。
伊豆近海では真鶴半島の福浦で見かけたことがあります。
私はクマノミのほうが好きですが、他の多くのダイバーの推しメンがダンゴウオカエルアンコウなので、どうしてもそちらに連れていかれます。

 

伊豆半島には世界の海洋生物の7割の種類が生息します。
海に潜ればあなたの推しメンが見つかるかもしれません。

 

 



タグ: , , ,

マイナビ会社説明会2020 マイナビインターンシップ2021